雑草の如くたくましく生きられれば

私が住んでいる地域は、このところ再開発が急速にすすみ、至るところで建物が解体されたり、新しい建物がたったりしています。

あちらこちらに更地も多くみかけるようになりました。自宅のすぐそばにも、かつて官庁の独身寮だったところが、かなりの時間をかけた解体工事の末に、最近、ようやく更地となりました。建物があったときはどのくらいの広さがあるのか分かりませんでしたが、更地になってみると、かなり広大な土地なのにビックリしました。

折りに触れて観察していると(ワタシかなり暇人でしょうか?)、更地ができるとさっそく、さまざまな雑草が生え始めます。最初はポツポツと小さな雑草がこびり付いている程度にみえますが、日がたつにつれて勢いも、種類も増え、以前はまったく存在しなかった、ハイキングコースでみかけるような多種多様な雑草が生い茂るようになります。そのスピードはまさに、日を追うごとにという表現がピッタリですね。
しげしげ観ていると、何種類かご常連の雑草がいることもわかりました。

いったい、その種はどこから飛んでくるのだろうと、とても不思議です。年中、空中を飛び交っているということでしょうか。普通の家庭の庭には飛んでこないようなタネが、あたかも更地には集中的にやってくるように思えるほどです。

炎天下に、誰が水やりするわけでもないのに、枯れる様子がまったくないところがすごい。家庭で植えられた花々がちょっと水を切らしただけでダメになっていくのとは正反対のたくましさですね。

次々と土地が雑草に侵略されていくようで、恐ろしい気もするのですが、反面、自分も見習わなくてと思います。踏みつけられても、いつのまにか立ち直っている復元力って、すばらしいと感嘆しています。ともすれば邪魔者扱いにして、目の敵のように引き抜いてばかりいましたが、「アンタたち、すごいんだね」と、見直す思いです。雑草から生きる上での心構えを教わる夏休みでした。発毛効果が高い女性用の育毛剤です

給料日の夕飯メニュー。

他のご家庭は、ご主人の給料日の夕飯メニューはどんな感じなのか、とても気になります。
もちろん、奥さんも働いていて、給料日が同じご家庭もありますよね。
我が家は主人と私の微々たる給料日は別々なのですが、やはりメインは主人の給料ですので、楽しみで仕方ありません。
しかし、今月末締切の支払いが重なってしまっているため、給料日と同時に支払いを全て済ませたため、既にピンチに。
ということで、給料日の我が家の夕飯メニューは、もやしでかさ増し肉野菜炒めです。
これは、子供たちが大好きなメニューなので、主人も給料日だからといって何を言うわけでもないのですが、他のご家庭は、ステーキなのかな、お寿司かな、外食行ってるかな、など気になってしまいます。
私の性格上、前向きに考えて、家族みんなでテーブルを囲み、一緒に食べれることに感謝しよう、と思っています。
私の微々たる給料日に、少しだけ贅沢をしようかな、と密かに考え中ですが、それで使い終わってしまわないよう、気をつけます。副作用がないから安心の健康飲料があります

長くやれるゲームとは?

最近アプリなどが主流になりつつあると感じてしまうゲームだが、長くやるとなると色々数が限られてくる。RPGとかは、良い物ほど大きい感動と余韻をくれる。グランディア、サモンナイト、テイルズなど、ただそれは2週目をやる人も居るだろうが長くは続けづらい。特に自分は同じのを繰り返すのが苦手でRPGは一度クリアしたら飽きてしまう性質だ。長くとなると終わりが来ても更に強化、キャラを強くできるのがまず浮かぶ。大御所で言えばディスガイア。レベル上限、ステータス上限がぶっ壊れている。相当ながーく遊べる。ただVITAがないのでやれない。そこでGジェネシリーズを買った。大体の方がご存知であろう、ガンダム、その様々なガンダム、モビルスーツを集めた作品だ、ストーリーの有無は作品によりけり、自分が買った3Dはストーリー有だった。この3Dは登場MSが他作品より少なく人気も少なかったがニンテンドー3DSでやれるのが大事だったので問題なし、このGジェネ、先のディスガイアみたく盤上の駒を進めていく感じで強化、育成も長く楽しめる。自分は赤が大好きなので、赤系統の機体を集めて育成中でのんびりやっている。長くやれるゲームは好きでよく遊ぶ、遊ぶがまずこの飽き性をどうにかせんとなぁ、とも考える今日この頃。ハリモアなら頭皮の奥まで成分が届きます

夏休みの過ごし方について

我が家には年少の男の子と1歳の女の子がいます。2人とも元気いっぱいなので、力が有り余っているのですが、夏は外が暑すぎて、なかなかお外に出ることができません。幼稚園もないので、特に上の子は力が有り余っているようなかんじです。仕方ないですが。なので、夕方の涼しくなった公園に行ったりするのですが、なかなか同じくらいの子供を見かけることが少ないのです。みなさんどちらに行かれているのでしょうか。やはり、バカンスに行っている?なかなかお友達もいないし、元気有り余っている我が子を私は少し手に余らせています。児童館に行ったりもするのですがわその場しのぎになってしまうし。ということで、実家への帰省がとても長くなる予定です。おそらく3週間くらいになってしまうかと。けっこう長いので、なかなか飽きてしまう可能性はありますが、久しぶりにおじいちゃん、おばあちゃんに会えるので嬉しいかな。喜んでくれるといいなと思って、今年も帰省します。